簿記試験の難易度は?


これから簿記の検定を目指すみなさんにとって、試験の難易度は気になるところでしょう。 ここでは、日商簿記の3級・2級試験のレベルについて、私なりの意見を述べてみたいと思います。

日商簿記3級試験の難易度

3級試験の合格率は、毎回、30~40%程で推移しています。 「3級はかんたんと聞いていたけど、受かるのは10人中3人くらい。やっぱりそれなりに難しいのかな…?」

私は、そんなことはないと思っています。
簿記の検定にかぎったことではありませんが、資格取得の試験は、大学受験のように受験者の水準が一定しているわけではありません。 簿記の試験は、小学生や中学生も受けに来る試験です。 また社会人であっても、仕事が忙しくて勉強不足のままで試験会場に来ている人もいると思います。

簿記の試験は合格ラインの70%を得点すれば、誰でも合格できる資格です。 私は毎回の受験者の半数近くは、そもそもこの準備ができていない人たちなのではないかと思っています。

簿記3級の試験は、受験者の多い人気資格の中では、比較的、合格しやすい試験です。 正しいアドバイスに従って学習をしてのぞめば、初学者でも必ず合格できる試験と言ってまちがいないでしょう。

商業高校で簿記を習った人や、会社の経理実務をやったことのある人でなければ、簿記の専門用語は、たしかに最初はとっつきにくいものかもしれません。 しかし、暗記をして覚えなければいけないことは、そんなにたくさんはありません。 また、日商簿記3級の本試験は、出題パターンもほぼ決まっています。 試験の傾向を押さえて勉強すれば、短期間の学習での取得も可能です。

日商簿記2級試験の難易度

簿記3級の知識が、街の商店や中小企業の経理事務に役立つ知識だとしますと、2級の知識は、企業の経営状況を把握したり、取引き先企業の経営状況もわかるような知識になります。 知識のお役立ち度が、かなりアップするようですね。
(詳しい内容は、「日本商工会議所」の解説をご覧になってみてください)。

2級試験では、商業簿記にくわえて、「工業簿記」の試験もあります。 学習範囲も大きく広がりますので、3級試験とくらべてみますと、かなりむずかしくなると考えておいた方がよいでしょう。

また、簿記2級の知識は、将来的に簿記1級や、税理士試験、公認会計士試験を目指す時の基礎になります。 簿記2級の学習で、どんな規模の企業でも通用する数字の読み方をマスターしておくことが、そのまま上位資格の試験対策にもつながるのです。

会計処理のサポートなど、実務の経験がある方でしたらある程度の知識はあるはずですから、最初から2級試験を目指してみるのもよいかもしれません。


<特集>私でも簿記に合格できた勉強法を特別に教えます。