最初に簿記の概念と、「仕訳」を押さえてしまいましょう


簿記3級の検定は、簿記の基本がわかっていれば、簡単に解ける問題ばかりです。 では、その基本とは何でしょうか?

2つあります!
  1. 簿記の基本的な用語(概念)を押さえること
  2. 仕訳をマスターする
たったこれだけ、なんですが…。

1.簿記の用語と概念

「粗利益」、「委託販売」、「受取手形」、「受取利息」、「売上原価」、「売掛金」、「売掛金勘定」…。
3級知識の「あ行」の用語だけを拾い上げてみても、けっこうあったりします。 会社で働いたことのない人や、簿記の勉強をしたことのない人にとっては、「なにそれ?」っていう感じではないでしょうか?

これらの用語を、最初から細かく覚えようとしないでください! 簿記の3級テキストはどれも、「勘定科目」、「仕訳」、「借方・貸方」などに章立てられて編集されています。
とりあえずは、各章のタイトルのなかで初めて見る用語や、本文中で太字や色分けされている用語の意味だけ暗記することです。 そして、各章が何を教えようとしているかを意識しながら、簿記の世界に親しむようにします。

おおまかにお話しますと、
取引→仕訳→転記→試算→決算
この5つに順序立てられた、簿記の作業の流れと、おのおのの役割を理解することが、簿記の概念を理解するということです。

「概念、概念」といわれてしまいますと頭が痛くなってしまうかもしれませんね。 要は、店舗や企業でのお金の流れ方と、簿記特有の記録の方法がわかってしまえば、簿記の概念は身につくのです。
以上が、テキストから学ぶことの主要部分だと考えてください。

2.仕訳(しわけ)をマスターする

仕訳とは、企業のさまざまな取引をわかりやすく集計できるよう、簿記共通言語に置き換えることです。仕訳を覚える時に一緒に出てくるのが「5勘定」(資産・負債・純資産・収益・費用)です。
たとえばスーパーマーケットで、お肉が売れてもお菓子が売れても、どちらも「収益の部の売り上げ」として仕訳けます。 また特売の折り込みチラシや店内のPOP広告は「費用の部の広告宣伝費」として仕訳けます。

この仕訳の種類がけっこうたくさんあって、はじめのうちはなかなか頭に入ってきません。 仕訳をマスターするには、仕訳問題を解きまくることです。 仕訳は暗記をして覚えることではなく、数をこなして経験で覚えることに尽きます!

そういう意味で、簿記の学習は「練習すること」という人も少なくないようです。 おおまかな用語(概念)と仕訳を覚えしまえば、簿記3級試験はもうこわくないですよ。

<特集>私でも簿記に合格できた勉強法を特別に教えます。